新築工事

■このような工事を承っております

○給排水設備
○排水換気
○衛星設備
○配管工事

特に、給排水設備は居住用建物の場合、欠かすことのできない設備です。
給排水設備とは給水設備と排水設備の総称。
この給水設備で最も大切なことは、水の汚染を防ぐこと。
水が汚染してしまうと、人体へ悪影響を与えてしまいます。
そのようなことが起こらないよう、入念にチェックを繰り返し、いつも安心な給水設備をお届けすることが私たちの使命です。

■ねじ込み配管の施工手順

1.加工(切断・ねじ切り)
まず管を加工します。
切断の際はとにかくまっすぐを意識し、ねじ切りの際は事前にねじ調節を行うとズレなく仕上がります。

2.シール剤の塗布
シール剤は管種や用途に合わせて選択していきます。
塗布のポイントは、液体シール剤→シールテープ→液体シール剤の手順で、ムラなく行うことです。

3.ねじ込み
基本的には配管方向に向かって、下(しも)側の継手をねじ込んでおきます。
シール剤の塗布後に、まず手でねじ込んだら、その後パイプレンチで締めていきます。

4.防錆処理
ねじ込み後は錆止めを塗布して防錆処理を行います。

ねじ込み配管は、限界まで締めれば漏らないわけではないですし、緩いと漏るというわけではありません。
重要なのは、適度なねじ調節。
正確な工事でお客様に安心・安全をお届けいたします。

一覧ページに戻る